奥日立 きららの里

奥日立 きららの里は、広大な敷地の遊び場です。日本一長い滑り台、ハーブ園、ふれあい牧場、ドッグランなどがあります。宿泊施設もあります。敷地内が、あまりに広大なため、園内の色々な場所を徒歩で周るのは難しくて、「車」を使うか、「ロードトレインきらら号」に乗るかのいずれかになります。小さな子供がいる場合は、ここだけで、半日は遊べると思いますので、茨城観光に来た際に、立ち寄ってみるといいでしょう。というわけで、まずは、奥日立 きららの里の詳細からです。

奥日立 きららの里の風景
アクセス ◆電車
JR常磐線、日立駅下車、東河内行きのバス、「きららの里前」下車
※)駅から約30分

◆車
常磐自動車道、日立中央ICから、約10分
住所 茨城県日立市入四間町863-1
駐車場 無料
料金 有料
お勧め度 80点
一言 日本一長い、すべり台で有名なところです。
写真 奥日立 きららの里の写真
宿泊予約 茨城県に宿泊しようと考えているなら、下記のページを読むといいでしょう。茨城のホテルや旅館に宿泊しようと思っている人にとって、知っておいて損はない知識を紹介しています。
茨城のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


奥日立 きららの里のレポート

奥日立 きららの里には、車で行きました。
というわけで、奥日立 きららの里のレポートです。

園内に入ると、驚くのが、「車道」が整備されていて、園内のそれぞれの場所を車で移動できるというところです(園内のそれぞれの場所に駐車場があって、そこに車を停めます)。園内に入ると、徒歩で周ると思っていたので、面を食らいました。
というわけで、最初の駐車場に車を停めてみました。



車を停めて、すぐに目に入ったのが「橋」です。
「ときめき橋」という名前がついているみたいです。



というわけで、橋を渡ってみました。



橋の上から見える風景はキレイでしたよ!



下を向くと「きらら」と書かれていました。



橋の上から風景を堪能していると「ロードトレインきらら号」がやってきました。
どうやら、ここがロードトレインの発着所のようです。
車で周りたくない場合や、電車・バスで来た場合は、このロードトレインを使って、園内を周るみたいですね。



ちなみに、ロードトレインは、小さくても、しっかりした作りでしたね。



というわけで、管理棟へ。



管理棟の隣には、「里の館」がありました。
里の館には、食堂、バーベキューテラス、売店、おみやげがあるようです。



そして、管理棟の近くにあるスポーツ広場へ。



そして、車に乗って、次の駐車場へ。
ここには、日本一長い すべり台がありました。



名前は、「ワクワクスライダー」。
以下のような乗り物に乗って、下っていくようです。



というわけで、ワクワクスライダーの乗り場へ。
ジェットコースターのような乗り場ですよね。



何か、ワクワクしますよね。



この斜面をワクワクスライダーで、下るようです。



ちなみに、ワクワクスライダーは有料で、以下で、チケットを買います。



そして、更に、車で場所を移動しました。
次に向かったのは「きららの里 味覚工房」「そば処 里山」です。
ここでは、食事ができたり、休憩ができるみたいです。



というわけで、まずは、きらら館へ。



以下のような風景を堪能しながら、食事ができるみたいです。



次に、そば処里山へ。
ここで食事をしようと思っていたのですが、ちょうど、営業終了・・・



研修室か、宿泊施設か、わかりませんが、良さ気な建物もありました。



そして、ぶらぶら歩いていると、馬を発見!



何やら、私の方を向いているんですよね。



しかも、私が歩いて行くところに、ついて来て、ね。
可愛かったですよ!



そして、ハーブ園の方面へ。



以下が、ハーブ園です。



ハーブ園の近くには「見晴らし広場」がありました。



見晴らし広場は、その名の通り、周辺を見渡せますし、私が行ったときは花が満開でしたね。



そして、車で場所を移動。
次にあったのは、アスレチックができるところです。



そのほか、ドッグランができたり、モンゴルの遊牧民の住居を見ることができたり、半日は過ごせると思うので、家族連れや、茨城観光の1つとして行ってみるといいと思いますよ。

(レポート:hide)

茨城が大好き!のトップページ