竜禅寺三仏堂

竜禅寺三仏堂は、釈迦、弥陀、弥勒の三仏を祭っています。建物の建築様式から、室町時代後期に建てられたと推測されています。車で取手に来ることがあれば、ついでに立ち寄るといいでしょう。というわけで、まずは、竜禅寺三仏堂の詳細です。

竜禅寺三仏堂の風景
アクセス ◆電車
――
◆車
――
住所 茨城県取手市
駐車場 なし
※)詳しくは下記のレポートにて、
料金 無料
お勧め度 60点
※)観光として来ても、何もありません。歴史を知って国指定重要文化財として訪れるともっと点数が上がると思います。
一言 室町時代後期の建築と推測される国指定重要文化財です。
写真 竜禅寺三仏堂の写真
宿泊予約 茨城県に宿泊しようと考えているなら、下記のページを読むといいでしょう。茨城のホテルや旅館に宿泊しようと思っている人にとって、知っておいて損はない知識を紹介しています。
茨城のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


竜禅寺三仏堂のレポート

竜禅寺三仏堂は、車のナビで発見して立ち寄りました。
車を停めるところがなく、しかも道が狭かったので、少し道幅が広くなったところに車を停めました。
というわけで、三仏堂です。
この中に、釈迦、弥陀、弥勒の三仏が祭られているんでしょうね。



少し奥に行けば、本殿らしきところもあります。



ただ、それ以上は何もありませんでした。




というわけで、取手に観光で訪れたついでに立ち寄るか、前もって歴史を勉強して国指定文化財として訪れるといいと思います。

(レポート:hide)

茨城が大好き!のトップページ