ソレイユの丘(長井海の手公園)

ソレイユの丘(長井海の手公園)は、入場料無料のテーマパークです。芝そりゲレンデ、つり橋、じゃぶじゃぶ池、ふれあい広場などがあります。小学生の子どもならば喜ぶと思うので、首都圏に住んでいるなら、一度は訪れてみるといいでしょう。近くに荒崎公園があるので、あわせて周るといいのではないでしょうか。というわけで、ソレイユの丘(長井海の手公園)の詳細です。

ソレイユの丘(長井海の手公園)の風景
アクセス 京浜急行、三崎口駅下車、「ソレイユの丘行き」の京急バス、または「荒崎行き」の京急バス、漆山バス停下車
住所 神奈川県横須賀市長井4丁目
駐車場 有料
料金 入場料は無料。遊具に乗るのは有料。
※)2013年5月現時点。
お勧め度 90点
一言 入園料無料のテーマパークです。
写真 ソレイユの丘(長井海の手公園)の写真

スポンサード リンク


ソレイユの丘(長井海の手公園)のレポート

ソレイユの丘(長井海の手公園)に行ったのは、ゴールデンウィークの真っ只中の5月3日だったこともあり、駐車場は満車に近い状態でした。



車を降りて、ソレイユの丘に向かいました。



中に入ると、整備された歩道が続いていました。



奥に進みました。



途中、お店らしき建物がありました。



ふと隣を見ると、遊具があって、子ども達が遊んでいました。



振り返ると、入口が遠くに見えました。



少し奥に進むと広場があって、そこでは大道芸を披露している人、それに逆バンジージャンプのような遊具で遊んでいる子どもがいました。



イベント広場では、踊りを披露している人がいました。



奥に進むと、草原広場がありました。



そのすぐ近くには、バーベキュー施設もありました。



バーベキュー施設の近くに、小動物とふれあうことができる広場がありました。



乗馬体験もできるようでした。



羊がいました。



さらに奥に進むと、混雑が緩和されたので、ここでゆっくりしました。



広い草原をゆっくり歩きました。



すると、チューチューとレインが走ってきました。



ふと見ると、芝そりゲレンデがありました。



芝そりゲレンデでは、大勢の小学生らしき子ども達が熱心に、ゲレンデを滑っていました。



場所を移動しました。



少し歩くと、つり橋がありました。



つり橋からは、じゃぶじゃぶ池が見えました。



じゃぶじゃぶ池では、子ども達が楽しそうに泳いでいました。



というわけで、ソレイユの丘は、入場料がかかってもおかしくないほど、そこそこ充実したテーマパークですので、家族連れで訪れてみるといいのではないでしょうか。

(レポート:hide)

「神奈川が大好き!〜観光地、遊び場」のトップページ