平安神宮

平安神宮は、有名な観光地ですよね。平安神宮でおこなわれる時代祭も有名です。また、平安神宮には神苑という広大な庭園もあって、四季折々の庭園を堪能できます。京都観光に欠かせない場所といえます。というわけで、まずは、平安神宮の詳細です。

平安神宮の風景
アクセス(電車) ・JR
JR京都駅から5系統のバス「京都会館美術館前」下車、徒歩5分

・阪急電車
阪急河原町駅より市バス5系統他「京都会館・美術館前」下車すぐ

・京阪電車
京阪鴨東線三条駅、丸太町駅下車、徒歩15分

・地下鉄
地下鉄東西線東山駅下車、徒歩10分

・車
名神高速道路 京都東インターより三条通を西へ約20分
駐車場 周辺にあり(有料)
住所 京都府京都市左京区岡崎西天王町
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
料金 無料開放されているところと、有料のところがある
お勧め度 90点
一言 平安京遷都の日である10月22日に行われている時代祭で有名な神宮です。
写真 平安神宮の写真
宿泊予約 京都のホテルに、宿泊予約する人にお勧めのページ。京都のホテルに格安で宿泊予約する方法も掲載!
京都のホテル
激安宿で「安い」京都観光にする方法
京都の不動産 京都の不動産を探している場合は、以下より探すといいですよ。資料請求で、お得な不動産物件を探すことができます。
関西の新築一戸建て
関西の新築マンション
関西の土地

スポンサード リンク


平安神宮のレポート

京都市美術館と京都国立近代美術館の間にそびえる朱塗りの大鳥居をくぐると、向こうに平安神宮の社殿が見えます。社殿は1895年に平安遷都1100年を記念して、平安京遷都当時の天皇だった第50代桓武天皇を祀っています。1940年に第121代孝明天皇も平安京最後の天皇として合祀されました。社殿は、平安京大内裏朝堂院を昔の規模の8分の5の大きさに縮小して建てられたものです。敷地は約20,000坪で、神苑と呼ばれる庭がそのうち約10,000坪もあり、大変広いです。神苑は明治から昭和にかけての名造園家である7代目・小川治兵衛(植治)が20年以上かけて造った名園で、社殿を取り囲むように東・中・西・南の4つの庭から成り、国の名勝に指定されています。春にはしだれざくら、初夏には花ショウブや睡蓮、秋には紅葉、冬には雪景色と、四季折々の自然を楽しめる池泉回遊式庭園です。また、神苑には人里には珍しい生き物が生息しているのだそうです。

有名なお祭りといえば、時代祭です。平安京遷都の日である10月22日に行われています。平安遷都から明治までの1000年の歴史を7つの時代、18の列でそれぞれに時代を再現した衣装や道具を身につけた人々で表現します。最初は明治維新、ついで江戸、安土桃山、吉野、鎌倉、藤原、延暦と時代を遡って続いてゆきます。参加人数は約2000人、長さは2kmに及びます。私も何度か見物に行ったことがありますが、全部見ようと思うとかなり時間がかかったと思います。時代行列の後には祭り本来の主役である神幸列などが続きます。スケジュールとしては、正午に京都御所を出発します。丸太町通から烏丸通に入り南下し、 御池通、河原町通 と京都の中心部を通って三条通から神宮通に入って平安神宮に到着します。

(ライター:青山透子)

京都が大好き!のトップページ