東本願寺

東本願寺(ひがしほんがんじ)は、浄土真宗の仏教寺院で、正式名称は、「真宗本廟」といいます。真宗大谷派の本山で、「西本願寺」(正式名称「本願寺」)の東に位置するため、「東本願寺」、「お東」、「お東さん」ともと呼ばれています。JR京都駅から近いので、京都観光のときには立ち寄ってみるといいでしょう。というわけで、まずは、東本願寺の詳細です。

東本願寺の風景
アクセス(電車) JR京都駅
JR京都駅より徒歩9分

京阪電車
京阪七条駅より徒歩15分

地下鉄
市営地下鉄烏丸線五条駅より徒歩3分

バス
市バス「烏丸七条」下車、徒歩2分
駐車場 有料(周辺にあり)
住所 京都市下京区烏丸通七条上る
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
料金 無料
お勧め度 80点
一言 浄土真宗の仏教寺院で、真宗大谷派の本山です。「お東」、「お東さん」ともと呼ばれていますが、正式名称は、「真宗本廟」です。
写真 東本願寺の写真
宿泊予約 京都のホテルに、宿泊予約する人にお勧めのページ。京都のホテルに格安で宿泊予約する方法も掲載!
京都のホテル
激安宿で「安い」京都観光にする方法
京都の不動産 京都の不動産を探している場合は、以下より探すといいですよ。資料請求で、お得な不動産物件を探すことができます。
関西の新築一戸建て
関西の新築マンション
関西の土地

スポンサード リンク


東本願寺のレポート

京都三大門の1つである、御影堂門(ごえいどうもん)をくぐると、雄大な御影堂(ごえいどう)が建っています。世界最大級の木造建築されたものなのだそうです。親鸞聖人像を安置しています。

御影堂は1895年に完成しました。15年の年月をかけて建てたそうです。当時、木材を搬出させる際に使用する綱を、女性の信徒たちが自分の髪を切って「毛綱」を作りました。その一部が現在も展示されています。私も東本願寺へ行った時にその毛綱を見たのですが、大変太く、女性信徒たちの祈りのようなものも感じました。東本願寺というと毛綱を思い出すくらい、印象に残っています。

本堂は阿弥陀堂といわれ、阿弥陀仏が祀られています。
東本願寺より烏丸通を渡り、東に5分ほど歩いた所に、渉成園(しょうせいえん)があります。渉成園は、真宗大谷派の本山(真宗本廟)の飛地境内地です。周りに枳殻(からたち)が植えられていたので、枳殻邸(きこくてい)の名で親しまれています。

1653(承応2)年、第13代・宣如上人の願いによって石川丈山が作庭したのだそうです。書院式の回遊庭園で、四季折々に色々な美しさを見せてくれます。国の名勝に指定されています。

(ライター:青山透子)

京都が大好き!のトップページ