青蓮院門跡

青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)は、天台宗の寺院です。大きく綺麗な庭園が印象に残るところです。知恩院の近くにあるので、京都観光にきた際には、立ち寄るといいでしょう。というわけで、まずは、青蓮院門跡の詳細です。

青蓮院門跡の風景
アクセス(電車) ・地下鉄
地下鉄東西線 「東山駅」下車 徒歩5分

・バス
京都市営バス5・46・100系統 「神宮道」下車 徒歩3分
駐車場 周辺にあり(有料)
住所 京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
料金 有料
お勧め度 80点
一言 青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)は、天台宗の寺院です。意外に広いです。
写真 青蓮院門跡の写真
宿泊予約 京都のホテルに、宿泊予約する人にお勧めのページ。京都のホテルに格安で宿泊予約する方法も掲載!
京都のホテル
激安宿で「安い」京都観光にする方法
京都の不動産 京都の不動産を探している場合は、以下より探すといいですよ。資料請求で、お得な不動産物件を探すことができます。
関西の新築一戸建て
関西の新築マンション
関西の土地

スポンサード リンク


青蓮院門跡のレポート

青蓮院(しょうれんいん)は天台宗の京都五箇室門跡のひとつとして知られていて、粟田御所とも呼ばれています。「門跡寺院」とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことです。青蓮院も代々法親王が住職となっていました。比叡山の東塔のひとつとして青蓮坊が建てられたのがこの寺の起源です。日本三不動のひとつである、密教の仏である青不動明王の図があることでも知られています。門前に大クスノキがあり、親鸞聖人のお手植えだと伝えられています。

庭園は室町時代相阿弥作と伝えられる庭園と小堀遠州作と伝えられる霧島ツツジが植えられている「霧島の庭」と呼ばれている庭園があります。霧島ツツジは5月の連休のころ見ごろになることが多いです。四季折々に美しい庭を眺めながら、お抹茶をいただくこともできます。春と秋に夜の特別拝観を開催していて、多くの人でにぎわっています。

(ライター:青山透子)

京都が大好き!のトップページ