アメリカ村

アメリカ村は、 若者が集まる街で、東京でいうと原宿、渋谷のようなイメージでしょうか。私も若い頃は、よくアメリカ村に服を買いにきました。というわけで、若者ならば、大阪観光の際には、立ち寄ってみるといいのではないでしょうか。ちなみに、アメリカ村といえば、三角公園が有名ですが、意外に小さな公園で、少し驚くと思います。
というわけで、アメリカ村の詳細からです。

アメリカ村の風景
アクセス ・JR大阪駅より
地下鉄御堂筋線「梅田駅」→「心斎橋駅」下車

・JR新大阪駅より
地下鉄御堂筋線「新大阪駅」→「心斎橋駅」下車

・地下鉄
地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」下車徒歩3分
地下鉄四つ橋線「四ツ橋駅」下車徒歩3分

・車
阪神高速環状線「本町」または「信濃橋」出口より御堂筋を経由し約10分

・大阪空港より
リムジンバス→「難波駅」→御堂筋線「心斎橋駅」下車

・関西国際空港より
南海電鉄「関西空港駅」→「なんば駅」→地下鉄御堂筋線「なんば駅」→「心斎橋駅」下車
住所 大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目〜2丁目あたり
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
駐車場 有料
※)都心部なので、駐車しにくいです。BIG STEPに、107台収容できる有料駐車場があります。
料金 無料
お勧め度 90点
一言 若者が集う街です。三角公園が有名です。
写真 アメリカ村の写真
宿泊予約 大阪観光やビジネスで、大阪のホテルや旅館に宿泊する際、知っておいて損はない知識を紹介しています。大阪に土地勘がある人にも役立つページです。
大阪のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


アメリカ村のレポート

アメリカ村は、御堂筋より西側の地下鉄心斎橋駅のあたりで、北は長堀通りから南は道頓堀あたりのエリアのことです。
長年、若者文化の発信地と言われてきました。「アメ村」と呼ばれています。
1970年代くらいから、アメリカ西海岸やハワイの衣料を売る店や雑貨やレコードを売る店ができはじめて、「アメリカ村」と呼ばれるようになりました。
1980年代にはますます衣料、雑貨、レコードなどの店が並ぶようになって、若者などが集まる流行の発信地と言われるようになり、京阪神以外の地域でも知られるようになりました。
1990年代はじめには、タワーレコード心斎橋店(2006年8月閉店)やビッグステップ(大阪市立南中学校の跡地に建てられたファッションや飲食、映画、スポーツクラブなどの入居した商業施設)などができて、より多くの若者がアメリカ村にやってくるようになりました。
しかし、2000年代になると、集まる若者の低年齢化によって、それまでアメリカ村で遊んでいた年齢層の若者たちが南船場や堀江エリアで遊ぶようになってしまいました。そんなわけで、一時期に比べて少し町の様子は活気がないかもしれませんが、現在でもファッションや音楽などを楽しめる街です。

(ライター:青山透子)

大阪観光のトップページ