住之江公園

住之江公園は、住之江競艇場の隣にある大きな公園です。住之江といえば、競艇場で有名なので、大阪市内出身の人には有名な公園ですが、意外に行ったことがない人も多いのではないでしょうか。公園内には、砂場、遊具、広場、プール、花壇、池など、様々なものがあるので、休日に家族で出かけてみるのもいいと思います。大阪観光の際にも、難波方面からATCやWTCに行く途中にあるので、立ち寄ってみるといいですよ。というわけで、まずは、住之江公園の詳細からです。

住之江公園の風景
アクセス ◆電車
1.地下鉄 四つ橋線 住之江公園駅下車すぐ
2.ニュートラム 住之江公園駅下車すぐ
住所 大阪府大阪市住之江区南加賀屋1丁目
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
駐車場 有料
※)63台分のスペースがあります。
料金 無料
お勧め度 80点
一言 隣に住之江競艇場がある大きな公園です。
写真 住之江公園の写真
宿泊予約 大阪観光やビジネスで、大阪のホテルや旅館に宿泊する際、知っておいて損はない知識を紹介しています。大阪に土地勘がある人にも役立つページです。
大阪のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


住之江公園のレポート

住之江公園は、大阪府が管理している都市型の総合公園です。住之江競艇でおなじみの住之江競艇場のすぐそばにあります。
花と緑を楽しむことができる「花と緑のスクエア」や、野鳥が観察できる大池、住之江公園野球場やテニスコート、プール、子どもたちがのびのびと遊べる児童遊技場などがあります。
「花と緑のスクエア」では、散歩を楽しめるように整備され、ベンチもあります。四季折々の花と緑を楽しむことができます。ホッとくつろげる場所ですね。
大池には、太鼓橋がかかっています。池を眺めていると、鳥や緑に心癒されることでしょう。
住之江公園野球場は、ナイター設備や磁気反転式スコアボードを備えた本格派球場です。毎年夏には全国高等学校野球選手権大会の大阪大会会場として利用されているのでなじみのある人も多いでしょう。2009年からは、関西独立リーグの大阪ゴールドビリケーンズがメイン球場としています。
児童遊技場には、砂場や迷路があり、子どもたちが楽しめる施設になっています。家族で遊びに来ても安心ですね。
テニスコートや球技場、児童広場、夏にオープンしている屋外プール、会議室など、ほかにもたくさんの施設があります。

(ライター:青山透子)

大阪観光のトップページ