善養寺

善養寺の本堂には木造閻魔王坐像(豊島区登録有形文化財)があります。 華徳院(杉並区松ノ木三丁目)、太宗寺(新宿区新宿二丁目)と共に江戸三大閻魔の1つで、「おえんまさまの寺」とも呼ばれています。隣に妙行寺がありますし、少し歩きますが、本妙寺にも行くことができるので、これらのお寺を併せて周るといいのではないでしょうか。というわけで、まずは、善養寺の詳細からです。

善養寺の風景
アクセス ・都電荒川線 新庚申塚停留所
・都営三田線 西巣鴨駅
住所 東京都豊島区西巣鴨4−8−25
駐車場 なし
料金 無料
お勧め度 60点
一言 江戸三大閻魔の1つです。妙行寺の隣にあります。
写真 善養寺の写真はありません。
宿泊予約


格安宿

スポンサード リンク


善養寺のレポート

妙行寺の境内を見た後、善光寺に行きました。



中に入るとすぐにお地蔵様が並んでいました。



ここに木造閻魔王坐像(豊島区登録有形文化財)があるそうですが、一般公開はされていませんでした。



というわけで、1分ほどで見終わった次第です。

(レポート:hide)

東京が大好き!のトップページ