雨晴岩

1187年(文治3年)、源義経が奥州に落ちのびているときに、雨晴海岸で雨にふられ、そのとき、弁慶が岩を持ち上げて、雨宿りをしたそうです。雨晴岩とは、その岩のことです。源義経に関する伝説がある岩なので、義経岩とも言われています。小さな祠ですが、雨晴海岸に来たときは、寄ってみるといいですよ。というわけで、まずは、雨晴岩の詳細です。

雨晴岩の風景
アクセス ・JR
JR氷見線雨晴駅下車、徒歩5分。
・車
能越自動車道高岡北IC から15分。
駐車場
住所 富山県高岡市太田雨晴
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
料金 無料
お勧め度 80点
一言 源義経に関する伝説がある岩です。雨晴海岸とセットで観光しましょう。
写真 雨晴岩の写真
宿泊予約 富山に観光で行くなら、富山のホテルで宿泊しましょう。でも、どこに泊まると便利なの?お得に宿泊予約するには、どうすればいいの?そんな疑問に答えます。
富山のホテル

格安宿

スポンサード リンク


雨晴岩の詳細・レポート

雨晴岩は、駅から少し離れていますし、小さなところなので、事前に知らなければ、見過ごすかもしれませんが、歴史がある場所なので、雨晴海岸に来た際は、立ち寄るといいですよ。歴史を想いながら、雨晴岩を見ると、また一層、富山観光が楽しくなるのではないでしょうか。

(ライター:hide)

富山が大好き!のトップページ