鹿島神宮

鹿島神宮は、旧官幣大社で、東国三社の1つです。境内には、楼門、拝殿、本殿、杉並木、さざれ石、鹿園、奥宮、要石、御手洗池、みたらし公園などの見所があります。年中行事は、約80ありますが、その中でも、特に、祭頭祭、神幸祭、御船祭が有名です。また、野鳥も多く保護区に指定されています。個人的に、良かったのは、境内の樹木です。県の天然記念物になっています。というわけで、鹿島神宮は、茨城観光に欠かせないところといえます。
というわけで、まずは、鹿島神宮の詳細です。

鹿島神宮の風景
アクセス ◆電車
1.JR鹿島線・大洗鹿島線、神宮駅下車、徒歩10分
2.東関東自動車道高速バス・東京駅発、終点・鹿島神宮駅着

◆車
東関東自動車道、潮来I.C.、鹿島方面に約20分
住所 茨城県鹿嶋市宮中2306−1
駐車場 有料
料金 無料
お勧め度 90点
一言 鹿島神宮は、旧官幣大社で、東国三社の1つです。
写真 鹿島神宮の写真
宿泊予約 茨城県に宿泊しようと考えているなら、下記のページを読むといいでしょう。茨城のホテルや旅館に宿泊しようと思っている人にとって、知っておいて損はない知識を紹介しています。
茨城のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


鹿島神宮のレポート

鹿島神宮には、車で行きました。
鹿島神宮の近くにある駐車場は、有料なので、ちょっと遠くに車をとめて、鹿島神宮へ。
少し歩くと、鹿島神宮へ。



中に入ると、まずあるのが「楼門」です。



そこを抜けると、「拝殿」と「本殿」がありました。
※)この隣に、鹿島神宮 宝物館があります。



そして、「杉並木」がある道へ。
ここが、すごい、いい感じなんですよね〜
晴れた日に行くと、癒されます。



その途中にあるのが「さざれ石」です。



さざれ石の隣にあるのが「鹿園」です。
沢山の鹿が飼育されています。



ちなみに、鹿園では、近くにある売店で鹿の餌を購入できます。
というわけで、鹿に餌をあげている観光客がいました。



並木通りには、熱田社もありました。



そして「奥宮」がありました。



「奥院」の隣に売店があったのですが、ここも、何か、いい雰囲気を出していますよね。



奥院にて、「要石」か「御手洗池」かのどちらに行くのかの「分かれ道」があります。とりあえず、要石への道を進んで行ったら、以下のような場所が。



これが「要石」のようです。この石は抜くことができないという伝説があるそうです。



そして、奥院に戻って、「御手洗池」へ。
すると、以下のような場所を発見。



これが「御手洗池」です。
綺麗な澄んだ水でしたね。



御手洗池は、綺麗な水だけあって、水を汲みに来る人もいました。



御手洗池の隣には、飲食ができるところがあるので、ここで、休憩するといいですよ。



ちなみに、御手洗池がある公園のことを「みたらし公園」というようです。小さな公園ですが、池もあって、いい感じですよ。



・・・御手洗池の近くに、お地蔵さまを発見。
癒されますよね。




というわけで、鹿島神宮は、茨城観光で、イチオシの場所です。

(レポート:hide)

茨城が大好き!のトップページ