鹿島神宮 宝物館

鹿島神宮 宝物館は、国宝や重要文化財など、約210点の宝物が展示されているところです。鹿島神宮に入ってすぐの場所にあるので、鹿島神宮の境内を散歩した後に立ち寄ってみるといいでしょう。
というわけで、まずは、鹿島神宮 宝物館の詳細です。

鹿島神宮 宝物館の風景
アクセス ◆電車
1.JR鹿島線・大洗鹿島線、神宮駅下車、徒歩10分
2.東関東自動車道高速バス・東京駅発、終点・鹿島神宮駅着

◆車
東関東自動車道、潮来I.C.、鹿島方面に約20分
住所 茨城県鹿嶋市宮中2306−1
駐車場 有料
料金 有料
お勧め度 70点
一言 茨城県唯一の国宝である直刀が展示されています。
写真 なし
宿泊予約 茨城県に宿泊しようと考えているなら、下記のページを読むといいでしょう。茨城のホテルや旅館に宿泊しようと思っている人にとって、知っておいて損はない知識を紹介しています。
茨城のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


鹿島神宮 宝物館のレポート

鹿島神宮 宝物館で、一番の見所といえば、茨城県唯一の国宝でもある直刀(ふつのみたまのつるぎ)でしょう。直刀(ふつのみたまのつるぎ)を一振すれば、国中が平穏になると言われており、神武天皇は、この直刀(ふつのみたまのつるぎ)で日本の建国を果たしたと言い伝えられています。
その次に、見ておくべきものは、重要文化財でもある「梅竹蒔絵鞍」です。
というわけで、鹿島神宮 宝物館には、色々な宝物があるので、 鹿島神宮の散策のときに立ち寄ってみるといいですよ。

(レポート:hide)

茨城が大好き!のトップページ