霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランドは、単なる道の駅ですが、玉のミュージアムも併設している玉造、虹の塔(展望台)に、小さな子供向きの水の科学館や、親水公園や、レストラン(玉水苑)、行方市の特産品が展示販売されている行方市観光物産館こいこいや、休憩施設や、高須崎公園があるので、茨城観光の際に立ち寄るといいですよ。というわけで、まずは、霞ヶ浦ふれあいランドの詳細からです。

霞ヶ浦ふれあいランドの風景
アクセス ◆電車
鹿島鉄道玉造町駅下車、タクシーで10分
※)道の駅なので、車で行くことをお勧めします。

◆車
1.土浦北I.Cから約40分(霞ヶ浦大橋経由)
2.千代田・石岡I.Cから国道355号線で約35分
3.潮来I.Cから国道355号線で約50分
住所 茨城県行方市玉造甲1234
駐車場 無料
料金 無料
※)玉造、虹の塔と、水の科学館は有料。
お勧め度 80点
一言 単なる道の駅ですが、色々な遊び場があります。
写真 霞ヶ浦ふれあいランドの写真
宿泊予約 茨城県に宿泊しようと考えているなら、下記のページを読むといいでしょう。茨城のホテルや旅館に宿泊しようと思っている人にとって、知っておいて損はない知識を紹介しています。
茨城のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


霞ヶ浦ふれあいランドのレポート

霞ケ浦周辺をドライブしていたときの話。
霞ヶ浦大橋を渡って、すぐのところに「道の駅 たまつくり」という看板を発見。
でも、特に、何も欲しくなかったですし、トイレも平気だったので、素通りしようと思ったのですが・・・



遠くに、何か「塔」が見えるんですよね。
ものすごく気になって、道の駅 たまつくりに入ってみることに。
※)この塔は、玉造、虹の塔という名前の展望台です。中に、玉のミュージアムがあります。



まずあったのがレストラン(玉水苑)でした。



レストランの隣を歩いていると、小さな子供が喜ぶカートがあって、向こうに、水の科学館が。



何か色々な遊び場がありそうな雰囲気がしたので、周辺を散策してみると、写真では、ちょっと見にくいですが、子供用の遊具がありました。



夏には、水遊びができそうな人口の川もありました。



遠くに、滑り台もありました。



というわけで、子供連れの家族には、お勧めの観光地ですね。
ちなみに、玉造、虹の塔の展望台から霞ヶ浦ふれあいランドを見てみました。
大きな橋が、霞ヶ浦大橋です。近代的な建物が水の科学館です。



ここの滑り台って、結構、大きいですね!



(レポート:hide)

茨城が大好き!のトップページ