玉造、虹の塔(霞ヶ浦ふれあいランド)

玉造、虹の塔は、霞ヶ浦ふれあいランドにある展望台です。展望台では、霞ヶ浦周辺の風景を堪能できますし、2階には、玉のミュージアムという小さな史料館もあって、そこそこ楽しめます。霞ヶ浦周辺に来たときは、一度は、立ち寄ってみるといいでしょう。というわけで、まずは、玉造、虹の塔の詳細からです。

玉造、虹の塔(霞ヶ浦ふれあいランド)の風景
アクセス ◆電車
鹿島鉄道玉造町駅下車、タクシーで10分
※)道の駅なので、車で行くことをお勧めします。

◆車
1.土浦北I.Cから約40分(霞ヶ浦大橋経由)
2.千代田・石岡I.Cから国道355号線で約35分
3.潮来I.Cから国道355号線で約50分
住所 茨城県行方市玉造甲1234
駐車場 無料
料金 有料
※)水の科学館との共通券も売っています。
お勧め度 80点
一言 玉のミュージアムがある展望台です。
写真 玉造、虹の塔(霞ヶ浦ふれあいランド)の写真
宿泊予約 茨城県に宿泊しようと考えているなら、下記のページを読むといいでしょう。茨城のホテルや旅館に宿泊しようと思っている人にとって、知っておいて損はない知識を紹介しています。
茨城のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


玉造、虹の塔(霞ヶ浦ふれあいランド)のレポート

霞ヶ浦ふれあいランドにて、ものすごく存在感がある「玉造、虹の塔」。
立ち寄らないわけにはいかないじゃないですか。
というわけで、塔の方向に歩いていきました。



近くまで来ると、デカイですね。
道の駅にある塔とは思えないです。



そして、水の科学館との共通券を買って、玉造、虹の塔の中へ。
中には、玉のミュージアムという小さな資料館がありました。



あと、バーチャルゲームもありました。
平日なので、ガラガラ。
というわけで、バーチャルゲームをしてみたのですが、このゲーム、質は置いておいて、自分の姿が画面に取り込まれるので、そういう意味で面白かったですよ。



そして、展望台へ。



霞ケ浦を一望できて綺麗でしたよ。



遠くに見えるのは、つくば山でしょうかね。



霞ヶ浦一帯は、まだまだ都市化されていないので、いい感じですよね。癒されます。



そして、何やら「円」を発見。



近寄ってみると、「世界一大きい玉」があるとのこと。



のぞいてみても、何が世界一大きな玉なのかわかりませんでした・・・



ちなみに、2階に戻るとき、以下の場所にでるのですが、ここの壁って、塔のくびれ?の部分ですよね。



特に、小学生高学年くらいの子供だと、走って、この壁に登っていきそうですが、この壁が破れると、そのまま落下ですよね・・・
というわけで!?、お勧めの観光地ですよ!

(レポート:hide)

茨城が大好き!のトップページ