おもしろチューブ(国営ひたち海浜公園)

国営ひたち海浜公園の中で、ひと際、目をひく遊具がありました。
オレンジ色の外観。そして、何より、巨大!
この遊具の名前をみると「おもしろチューブ」。



というわけで、おもしろチューブに入ってみました。
そのときの様子をレポートしています。

スポンサード リンク


おもしろチューブのレポート

実は、最初は、「おもしろチューブって・・・子供向きの遊具やん。入る気はしないね〜」なんて思っていたのですが・・・何か、入口が誘っているようにみえないですか?



というわけで、おもしろチューブの中に入ってみたのですが・・・意外に楽しい!



トンネルのような感じですが、そこを抜けると、以下のような場所にも行くことができます。



何か、秘密の基地を探検している気分になれませんか。



思わず、童心にかえって、走り回りそうになりました。



そして、おもしろチューブの中を歩き回っていると、白いチューブを発見。



「これって、滑り台じゃないの?」と思って、中を覗くと、やっぱり、滑り台でした。
しかし、どう考えても、大人には通れないような・・・



そう思って、外を見ると、ちょうど、カップル(のうち男性)が、この白いチューブの滑り台にチャレンジしているじゃないですか!



ただ、案の定、大人には狭いようで、男性は滑り台を降りながら、「痛い!痛い!」って叫んでいました(笑)
※)でも、男性は無事、外に抜けることができました。



というわけで、おもしろチューブですが、その他にも、以下のような「障害」もあって、楽しめます。



障害物競争できそうですね。



そうこうしているうちに、おもしろチューブの出口に到着。
以下のような場所に出てきました。
「これって、一体、何?」と思って外に出ると・・・



ジャンプ台?でした。
私も一緒にジャンプしたかったのですが、どうやら、ここは子供専用とのこと(ただし、保護者はOK)。
残念!



というわけで、国営ひたち海浜公園のおもしろチューブは、大人でも楽しめましたよ!

(レポート:hide)

格安宿
茨城が大好き!のトップページ

英文法の参考書