牛久自然観察の森にいた生き物

大人になれば、「子供のころに見えていたもの」が見えなくなります。
たとえば、昆虫などの生き物。
小さな頃は、あれほど熱心に探していたのに、いつの間にか、目に入らなくなってしまったのではないでしょうか。
しかし、小さな生き物たちは、昔と変わらずいます。
というわけで、8月の牛久自然観察の森を歩きながら、小さな生き物たちを撮影してみました。
そのときのレポートです。

スポンサード リンク


まずは、和風レストラン松野屋へ

8月という夏真っ盛りの時期に、牛久自然観察の森に行きました。



牛久自然観察の森は、奥に小さな池があるんですね。
その池を注意深く見てみると、いましたよ!
アメリカザリガニです。
というより、池の至るところにいました。



そして、小さな池からでている小川には、メダカもいましたよ。



ヤゴでしょうか。脱皮の最中でした。



ハスの花も咲いていましたよ。



そして、ハスの葉をよく見てみると・・・カエルがいるじゃないですか!



というわけで、小さな池を去り、歩いていると、蝉の抜けがらを発見。
小さな頃は、よく見かけていたのに、大人になったら、目にする機会が減りましたよね。



そして、歩いていると、葉っぱの上に、黄緑の謎の物体を発見!



近づいてみると、カエルでした。



なんか・・・眠そうですね。



そのカエルの隣に・・・エイリアン発見!
クモですかね。



ヤマユリも咲いていました。



そして、何か珍しい葉を発見。
ハナイカダっていうみたいです。



というわけで、色々な生き物と出会うことができた次第です。
ちなみに、帰る時、カマキリが見送ってくれました。



(レポート:hide)

格安宿
茨城が大好き!のトップページ