児神社

児神社は、寛朝僧正が他界した際、悲しみに打ちひしがれて、池に身を沈めた僧正の稚児を弔うために建立された神社です。近くに広沢池弁財天社遍照寺があります。千代の古道を通れば大覚寺に歩いていくこともできます。京都観光の際に立ち寄るといいでしょう。というわけで、まずは、児神社の詳細です。

児神社の風景
アクセス(電車) ■JR京都駅
「(26)宇多野・山越行」の京都市バス、「山越」下車

■京阪三条駅
・「(10)(59)山越行」の京都市バス、「山越」下車
・「(59)山越・平野行」の京都市バス、「広沢池・佛大広沢校前」下車
駐車場 なし
※)嵐山駅周辺に、有料の駐車場があります。
住所 京都市右京区嵯峨広沢町
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
料金 無料
お勧め度 60点
一言 広沢池の近くにある小さな神社です。
写真 児神社の写真はありません。
宿泊予約 京都のホテルに、宿泊予約する人にお勧めのページ。京都のホテルに格安で宿泊予約する方法も掲載!
京都のホテル
激安宿で「安い」京都観光にする方法
京都の不動産 京都の不動産を探している場合は、以下より探すといいですよ。資料請求で、お得な不動産物件を探すことができます。
関西の新築一戸建て
関西の新築マンション
関西の土地

スポンサード リンク


児神社のレポート

児神社は、広沢池の近くにある小さな神社です。
私が行ったときは、丁度、工事をしていました。



写真を見ればわかりますように、小さな神社ですので、付近の観光地とあわせて周るといいでしょう。

(レポート:hide)

京都が大好き!のトップページ