n

千代の古道

千代の古道とは、梅宮大社から広沢の池を経由して大覚寺にいたる道です。和歌に多く詠まれています。嵐山観光だと、広沢池弁財天社児神社遍照寺を周ってから千代の古道を辿り、大覚寺に行くのがいいのではないでしょうか(もしくは、その逆のルート)。京都観光で嵐山を堪能したい場合はおすすめです。というわけで、まずは、千代の古道の詳細です。

千代の古道の風景
アクセス(電車) <広沢池へのアクセス>
■JR京都駅
「(26)宇多野・山越行」の京都市バス、「山越」下車

■京阪三条駅
・「(10)(59)山越行」の京都市バス、「山越」下車
・「(59)山越・平野行」の京都市バス、「広沢池・佛大広沢校前」下車

<大覚寺へのアクセス>
■電車
JR 嵯峨嵐山駅、京福 嵐山駅から徒歩

■バス
・「JR 京都駅」「阪急 烏丸駅、嵐山駅」「京阪 三条駅」「京福 四条大宮」のいずれかを下車。京都市バスもしくは京都バス「大覚寺」行き、終点
駐車場 なし
※)嵐山駅周辺に、有料の駐車場があります。
住所
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
料金 無料
お勧め度 75点
一言 梅宮大社から広沢の池を経由して大覚寺にいたる道です。
写真 千代の古道の写真
宿泊予約 京都のホテルに、宿泊予約する人にお勧めのページ。京都のホテルに格安で宿泊予約する方法も掲載!
京都のホテル
激安宿で「安い」京都観光にする方法
京都の不動産 京都の不動産を探している場合は、以下より探すといいですよ。資料請求で、お得な不動産物件を探すことができます。
関西の新築一戸建て
関西の新築マンション
関西の土地

スポンサード リンク


千代の古道のレポート

広沢池弁財天社児神社遍照寺を周ってから大覚寺に向かいました。



田園風景で、のどかです。



用水路には小魚もいましたよ。



途中、「千代の古道」の標識もありました。



ひたすら、田園風景が続いて、何か癒される気がします。



心なしか空気も綺麗な気がしました。



途中、野菜も販売されていました。



カエルもいましたよ。



というわけで、歴史を思いながら歩くのもよし、私のように自然を感じながら歩くのもよし。嵐山を周るとき、広沢池弁財天社児神社遍照寺を見てから、千代の古道を辿り、大覚寺に行くのがいいのではないでしょうか。

(レポート:hide)

京都が大好き!のトップページ