溶岩隧道御胎内〜静岡県の観光地、遊び場

「溶岩隧道御胎内」は静岡県の東部地区(富士)、東麓にある洞窟ですが、どのような感じなのでしょうか。
このページでは、所在地、駐車場などの「基本的な情報」から、「写真によるレポート」「大量の写真」まで、溶岩隧道御胎内を徹底的に紹介しています。
静岡観光や家族でお出かけしようと考えているのなら、ぜひ、このページをご覧になってください。
というわけで、まずは、所在地、駐車場などの情報からです。

溶岩隧道御胎内の風景写真 溶岩隧道御胎内の写真4
所在地(住所) 静岡県御殿場市印野1382-1
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
駐車場 あり(無料)
料金 有料
一言 富士山の噴火でできた洞窟で、洞窟の形が人の体内に似ていることから「御胎内」ともいわれています。洞窟の中は地べたに手をつけて、ほふく前進する覚悟が必要です。御胎内清宏園の中にあります。

スポンサード リンク


溶岩隧道御胎内のレポート(写真付き)

溶岩隧道御胎内は、どのような感じなのでしょうか。
御胎内清宏園を奥に進んでいくと、社があって、その隣に溶岩隧道御胎内への入口があります。

溶岩隧道御胎内の写真2

他の洞窟と比べると、入口から狭いです。

溶岩隧道御胎内の写真4

(わたしは冬季に行ったので)氷荀らしきものがありました。
※地面から生えているような氷柱(つらら)を氷荀(ひょうじゅん)と言うそうです。ただ、この写真のものが氷荀なのかはわかりません。

溶岩隧道御胎内の写真5

洞窟のさまざまな部分が人の体でたとえられていました。

溶岩隧道御胎内の写真6

ちなみに、洞窟の終盤は、地べたに手をつけて、ほふく前進しないと進むことができません。
覚悟が必要ですが、一度は洞窟の中を進んでみるのもいいと思いますよ。

溶岩隧道御胎内の写真8


格安宿

スポンサード リンク


溶岩隧道御胎内の写真(サムネイル)

溶岩隧道御胎内の写真です。サムネイルになっているので、小さな写真をクリックすれば、大きな写真になります。ちなみに、写真は、どのような感じの洞窟なのかを見ていただくために公開しているので、それほど大きな写真ではありません。

・横向きの写真:幅640ピクセル×高さ480ピクセル
・縦向きの写真:幅480ピクセル×高さ640ピクセル

溶岩隧道御胎内の写真のサムネイル写真8 溶岩隧道御胎内の写真のサムネイル写真2 溶岩隧道御胎内の写真のサムネイル写真3
溶岩隧道御胎内の写真のサムネイル写真4 溶岩隧道御胎内の写真のサムネイル写真5 溶岩隧道御胎内の写真のサムネイル写真6
溶岩隧道御胎内の写真のサムネイル写真7

※)写真の著作権は放棄していません。無断の利用は固く禁止させていただいております。

(文責、写真:Ishizaki Hideho)


「静岡が大好き!」のトップページ