雨晴海岸

能登半島国定公園「雨晴海岸(あまはらしかいがん)」は、「日本の渚百選」や「白砂青松百選」などに選ばれている景勝地です。
白い砂浜と、松林が続く海岸だけでも十分美しいのですが、お天気のよい日に見える富山湾の向こうにそびえ立つ立山連峰の雄大な山々は素晴らしいの一言に尽きます。写真ではなく、是非、実際に自分の目で確かめてもらいたいものです。
JR高岡駅には、立山連峰が見えるかどうか表示してあるそうですよ。
というわけで、まずは、雨晴海岸の詳細です。

雨晴海岸の風景
アクセス ・JR
JR氷見線雨晴駅下車、徒歩5分。
・車
能越自動車道高岡北IC から15分。
駐車場
住所 富山県高岡市太田雨晴
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
料金 無料
お勧め度 80点
一言 「女岩」で有名な綺麗な海岸です。
写真 雨晴海岸の写真
宿泊予約 富山に観光で行くなら、富山のホテルで宿泊しましょう。でも、どこに泊まると便利なの?お得に宿泊予約するには、どうすればいいの?そんな疑問に答えます。
富山のホテル

格安宿

スポンサード リンク


雨晴海岸の詳細・レポート

万葉の歌人、大伴家持は雨晴海岸をたいそう気に入っていたそうで、多くの歌を詠んだそうです。
「雨晴」という名前の由来は、源義経が兄頼朝から追われて北陸から奥州に落ちのびる途中に、岩かげに雨宿りをし、にわか雨を晴らしたという伝説に由来しています。その岩は義経岩といわれ、雨晴海岸の写真にもよく登場しています。
そのほかにも「男岩」「女岩」があり、よく写真に写っています。
車で雨晴海岸へ向かっても、途中の景色がきれいなのですが、JR氷見線に乗ると、海沿いを電車が走っており眺めが美しいです。
眺めが美しいということで言えば、お正月の初日の出が海から昇ってくることでも有名です。
初夏にはキス釣りが盛んになります。夏は海水浴場としてにぎわいます。私は夏に行った時に、砂を掘ったら小さなカニがたくさん出てきて、捕まえるのを楽しみました。
冬は波が高く荒れることも多いので、サーフィンのスポットになるのだそうです。

(ライター:青山透子)

富山が大好き!のトップページ