イトヨの里 泉が森公園

イトヨの里 泉が森公園は、泉神社(泉が森)の隣にある小さな公園です。
公園には、泉神社から湧き出た水が流れていて、そこには、イトヨが生息しているので「イトヨの里」という名前がついているようです。なお、イトヨとは、体長5〜6センチのトゲウオ科の魚類で、背中や腹などに、鋭い棘を持っている魚です。陸封型(一生、淡水生活)と、降海型(産卵期以外を海水で過ごす)がいます。清水にしか生息できない魚なので、現在は、絶滅危惧種として指定されています。
泉神社(泉が森)も含めて、あっという間に、見終わると思いますが、とにかく水がキレイなので、茨城観光の際には、ちょっとだけ立ち寄ってみるといいと思います。というわけで、まずは、イトヨの里 泉が森公園の詳細からです。

イトヨの里 泉が森公園の風景
アクセス ◆電車
日立電鉄、水木駅下車、徒歩20分
住所 茨城県日立市水木町2-22-1
駐車場 無料
※)ただし、停められる台数は少ないです。
料金 無料
お勧め度 75点
一言 イトヨが生息している清水がある小さな公園です。
写真 イトヨの里 泉が森公園の写真
宿泊予約 茨城県に宿泊しようと考えているなら、下記のページを読むといいでしょう。茨城のホテルや旅館に宿泊しようと思っている人にとって、知っておいて損はない知識を紹介しています。
茨城のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


イトヨの里 泉が森公園のレポート

泉神社(泉が森)を見た後、隣に、公園らしきものがあったので、立ち寄ってみました。それが「イトヨの里 泉が森公園」です。
というわけで、まずは入口。



「名水百選」に選ばれているだけあって、小川もキレイでしたよ。



入口付近には、かわいいアヒルの彫刻もありました。



というわけで、入口付近から見た「イトヨの里 泉が森公園」の外観です。それほど広くないということと、何やら、小川や池が多いなということがわかると思います。



というわけで、まずは、気になった金網のところへ。
何かを保護しているようでしたが、何かよくわかりませんでした。



次に、小さな池へ。
流石に、名水百選に選ばれる場所だけあって、水がキレイでした。



名水で有名なところなので、水辺を堪能しようということで、小さな池の周りを歩いてみることにしました。



どこから見ても、やっぱりキレイですね。



そして、小さな池から流れ出る小川を発見。




小川には降りていけるようなので、行ってみました。



やはり、綺麗な水ですね。
ここにイトヨが生息しているのでしょうね。



この小川は、このまま住宅街の方へ流れ出ているようでした。



ちなみに、小川の近くには、泉神社とは別の「湧水」がありました。



イトヨの里 泉が森公園は、小さな公園ですが、のどかなところでもあるので、のんびりするのもいいですよ。



ちなみに、泉神社やイトヨの里 泉が森公園の近くに、「聖徳太子堂」がありました。



(レポート:hide)

茨城が大好き!のトップページ